梅毒

梅毒とは、 「梅毒トレポネーマ」という細菌によっておこされる感染症です。
性行為によって感染することが多いことから性感染症とされています。

感染すると長い時間をかけて病状が進行していくという特徴があるといわれています。

かつては「不治の病」と呼ばれ、恐れられていましが、特効薬ペニシリンの開発によって、 現代では重症化することも稀となりました。

しかしながら、2000年以降は再び感染者数が増加傾向にあり、問題視されています。

このページでは、そんな梅毒感染症の詳細な症状と、梅毒に効果のある性病薬を紹介しています。

アモキシリン

アモキシリン

アモキシリンは、ペニシリン系の抗生物質です。
ペニシリン系の最も代表的な抗生物質で、日本国内に於いても広く処方されています。

アモキシリンは、グラム陽性菌のほか、一部のグラム陰性菌にも有効で、様々な細菌に効果を発揮します。

梅毒の症状

梅毒の症状

梅毒とは、「梅毒トレポネーマ」という細菌によっておこされる感染症です。

かつては不治の病とされていましたが、特効薬「ペニシリン」の開発によって、 現在は重症化もしない病気となりました。
しかしながら、近年流行の兆しを見せつつある問題があります。

このページの先頭へ