ヘルペス

ヘルペス

ヘルペスウイルスに感染することで、発症するのが「ヘルペス」です。
くちびるに感染し病変したものを1型の「口唇ヘルペス」と呼び、性器に感染した場合に2型の「性器ヘルペス」と呼びます。

一度感染してしまうと、治療で症状を抑えることはできますが、原因のウイルスを死滅させることはできません。
たびたび再発してしまう場合が多いのも、ヘルペスの特徴です。

アナルセックス、オーラルセックスを含むすべての性行為で感染します。 また、ヘルペスの病変部との接触でも感染してしまいます。
ヘルペスの症状が出ていないときでも、性器の皮膚や粘膜にウイルスが出てきてパートナーに感染してしまうことがあります。

性器ヘルペスでなくても、口唇にヘルペスがある場合、オーラルセックスをすると相手の性器に感染してしまうため、口唇ヘルペスの症状がある場合、オーラルセックスは避けましょう。

性器ヘルペスの症状 男性の場合

男性の場合、性器ヘルペスに感染すると、最初は患部の表面にヒリヒリ感やむずかゆさなどを感じます。 2~10日ぐらいでかゆみを伴った1~2mmの赤いブツブツや水ぶくれができます。 その後はそのブツブツや水ぶくれが破れて潰瘍(ただれたようなもの)ができます。 尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などの症状が出ます。

強い痛みがあり発熱を伴うことがあります。同時に太もものリンパ節の腫れや痛みが見られます。 症状の出る場所は亀頭や陰茎体部に症状が出ることが多いですが、太ももやおしり、肛門周囲、直腸粘膜に出ることもあります。

感染したときは症状がなく、その後初めて症状が出た場合は、初感染の場合よりも症状が軽いことが多く、 治るまでの期間も短くなります。

1年いないに8割以上が再発されると言われています。 過労、セックス、ストレスなどの刺激で再発することが多く、初感染の時と同じ個所、 またはおしりや太ももに水疱や潰瘍ができます。初感染の場合よりも症状は軽いことが多く、治るまでの期間も短くなります。

性器ヘルペスの症状 女性の場合

女性の場合、性器ヘルペスに感染すると、最初は排尿も困難なほど痛みがあると言われます。 水ぶくれや潰瘍(ただれたようなもの)ができ、発熱を伴うこともあります。 同時に、太もものリンパ節の腫れや痛みがみられます。

症状の出る場所は外陰、腟の入口とおしりにみられます。 子宮頸管や膀胱にまで感染が広がることもあります。

感染したときは症状がなく、その後初めて症状が出た場合、初感染の場合よりも症状は軽いことが多く、 治るまでの期間も短くなります。

1年以内に8割以上が再発すると言われています。 男性同様、過労、セックス、ストレスなどの刺激で再発することが多いです。 性器またはおしりや太ももに水疱や潰瘍ができます。再発する前に、 腟の入口の違和感や太もも周辺に神経痛のような痛みなどの前兆が見られることもあります。 再発の場合、初感染の場合よりも症状は軽いことが多く、治るまでの期間も短くなります。

このページの先頭へ