クラミジア

クラミジア

性器クラミジア感染症とは、クラミジアトラコマティスという病原体により感染する、性病(性感染症)です。 一般的には「クラミジア」と呼ばれることが多いです。

日本国内において、現在最も感染者数が多いと言われている性病(性感染症)です。 中でもの10代後半から、20代前半の若年層に多く広がっている、というのも性器クラミジア感染症の特徴です。

感染しても、男女共に症状をかんじにくく、気付かないままパートナーへうつしてしまうことがあります。
女性の場合、不妊症や、子宮外妊娠の原因となってしまうことや、 男女共に性器クラミジア感染症に感染しているとHIV(エイズウイルス)への感染率を3~5倍に上げてしまうなど、 放っておくと危険な性病(性感染症)です。

性器クラミジア感染症は、アナルセックス・オーラルセックスを含むすべての性行為によって、 男女共に感染する可能性のある性病(性感染症)です。

性器クラミジア感染症の症状 男性の場合

男性の場合、性器クラミジア感染症の感染部位は主に尿道です。 尿道円や、精巣上体炎(副睾丸炎)などの症状が出ます。 具体的な症状としては、

  • 尿道からの分泌物(うみ)
  • 軽い排尿痛
  • 尿道のかゆみや不快感
  • 精巣上体の腫れ
  • 軽い発熱や痛み

などがありますが、感染しても症状が出ないことがほとんどです。 しかし、感染して気付かずに放っておくと、前立腺炎 や 血精液症になることもあります。

性器クラミジア感染症の症状 女性の場合

女性が性器クラミジア感染症に感染した場合、子宮頸管という子宮入口の管へ感染し、子宮頸管炎をおこします。 その後、腹腔内に進入し、骨盤内で様々な症状を起こします。 主な症状としては、

  • おりものの増加
  • 不正出血
  • 下腹部の痛み
  • 性交時の痛み

などがあげられますが性器クラミジア感染症に感染した女性の半数以上が全く症状を感じないと言われており、 感染したまま放っておくと卵管炎をおこし、 子宮外妊娠や不妊症の原因にもなります。 らに上腹部へ感染が広がると肝周囲炎を引きおこします。

咽頭への感染について

オーラルセックスなどにより、のど(咽頭)へのクラミジア感染も増加傾向にあります。

咽頭のクラミジア感染の場合、症状が出ない場合が多いとされています。

のど(咽頭)へ感染した場合の、稀に出る症状として、

  • のどの腫れ
  • のどの痛み
  • 発熱など

などがあります。

このページの先頭へ