レボクイン

レボクイン

レボクインは、クラビットのジェネリック医薬品です。
レボフロキサシンを有効成分とし、ニューキロノ系の抗菌剤として、細菌やウイルスなどを原因とした各種病気の治療に有効です。

主に細菌による感染症に有効です。 また、グラム陽性菌や陰性菌などのクラミジアにも効果が期待できます。

レボクインは、クラミジア症にはもちろん、広範囲に渡り抗菌効果があると言われるお薬です クラミジアの他にも尿路感染症、性病、クラミジア、淋病、前立腺炎、睾丸炎、膀胱炎、淋病性尿道炎、コレラ、サルモネラ腸炎、チフス、子宮内感染、バルトリン線炎などの治療にも用いられます。

またレボクインはしっかりとした効果がありながら、有効成分レボフロキサシンが細菌の増殖のみを阻害し 生体に影響を与えないという性質を持っているため、旧来の抗菌剤に比べて副作用がかなり低く抑えられています。

もちろんクラビットジェネリックであるため、安価に購入できるのもレボクインの特徴です。

レボクインの服用方法

レボクインの服用量は、症状によって調節してください。 レボクインは、レボフロキサシンときちんとして1日の最大量を500mgとしてください。

通常、成人はレボクインをレボフロキサシンとして1回100mg1日2~3回経口服用します。

重症の場合、あるいは効果が不充分と見られる場合には、1回200mgを1日3回服用できます。

レボクインの副作用・注意事項

レボクインは、比較的副作用の少ないお薬とされていますが、発疹(ほっしん)、かゆみなどの過敏症状や、 頭痛、下痢、吐き気・嘔吐(おうと)、腹痛、胃痛、めまい、発熱、全身倦怠感(けんたいかん)、 肝機能や腎(じん)機能の異常などが、副作用として報告されています。

これらの副作用が生じる確率は極めて稀ですが、 念のために薬の代謝に時間の掛かる高齢者や腎臓の悪い人などは注意したほうが良いでしょう。

このページの先頭へ