クラミジア

クラミジアは、性器クラミジア感染症と呼ばれる性病(性感染症)です。
クラミジアトラコマティスという病原体により感染します。

日本国内において、現在最も感染者数が多いと言われている性病(性感染症)です。 中でもの10代後半から、20代前半の若年層に多く広がっている、というのも性器クラミジア感染症の特徴です。

感染しても、男女共に症状をかんじにくく、気付かないままパートナーへうつしてしまうことがあります。
女性の場合、不妊症や、子宮外妊娠の原因となってしまうことや、 男女共に性器クラミジア感染症に感染しているとHIV(エイズウイルス)への感染率を3~5倍に上げてしまうなど、 放っておくと危険な性病(性感染症)です。

性器クラミジア感染症は、アナルセックス・オーラルセックスを含むすべての性行為によって、 男女共に感染する可能性のある性病(性感染症)です。

レボクイン

レボクイン

レボクインは、クラビットのジェネリック医薬品です。

レボフロキサシンを有効成分とし、ニューキロノ系の抗菌剤として、 細菌やウイルスなどを原因とした各種病気の治療に有効です。
クラミジアや、淋病などの性感染症に効果を発揮します。

クラミジアの症状

バルトレックス

性器クラミジア感染症とは、クラミジアトラコマティスという病原体により感染する、性病(性感染症)です。

日本国内において、現在最も感染者数が多いと言われている性病(性感染症)で、 その感染者は特に若年層に多いというデータがあります。

このページの先頭へ