カンジダの症状

「カンジダ」とは、性器カンジダ症と呼ばれる性病(性感染症)の一種です。

女性に多くみられる性病で、人間が本来持っている「カンジダ菌」によって引き起こされます。 風邪、疲労、ストレスなどで免疫力が低下したり、ステロイド剤、抗生物質の濫用や妊娠などで症状が出ることがあります。 他の性病(性感染症)とは違い、こういった原因によって自己感染を引き起こしてしまいます。 典型的な症状として、外陰部のかゆみがあり、ヨーグルト状のおりものが増えたりします。

また、男性が感染した場合症状は出にくいとされていますが、包茎の男性の場合、 女性と同じようにかゆみなどの症状が出やすくなります。

カンジダは、再発を繰り返す人も多いとされる厄介な病気です。

このページでは、そんなカンジダに効果的なお薬を紹介しています。

性器カンジダの症状 男性の場合

男性の場合は、性器にカンジダ菌を保有していても症状がほとんど出ません。 包茎、糖尿病、ステロイド剤の投与などが原因で、症状が出ることもあります。 主な症状としては、

  • 亀頭のかゆみやただれ
  • 亀頭が赤くなり白いカスが出る
  • 亀頭に小さな水泡 (亀頭包皮炎参照)
  • まれに尿道炎を起こす

などとされています。

性器カンジダの症状 女性の場合

女性の場合は、腟と外陰部に同時に症状が現れることが多く、外陰腟カンジダ症といわれます。 主な症状としては、

  • 外陰部や腟のかゆみ
  • ヨーグルト状のおりものの増加
  • 性器の炎症(灼熱感、痛み)
  • 性交痛
  • 排尿障害

治療に時間がかかる場合もありますが、免疫力の低下を防ぐための健康的な生活を心がけ、 通気性の悪い下着やきついガードル、ジーンズなどを避け、カンジダ菌の生息しにくい環境をつくることも大切です。

このページの先頭へ